2010年07月10日

3年物国債 販売苦戦…売り手も買い手も敬遠

国債について調べてみましょう。これはこれでおもしろいです。 以下、(3年物国債 販売苦戦…売り手も買い手も敬遠(毎日新聞) より引用)
3年物国債 販売苦戦…売り手も買い手も敬遠(毎日新聞)  低迷する個人向け国債のテコ入れのため、財務省が新たに投入した3年物の個人向け国債の販売が苦戦している。7月発行分の販売額は、592億円で、5年物を約1000億円も下回った。利回りがわずか年0.19%の超低水準だったことが原因だが、8月発行分はさらに利回りが低下するため、打開は厳しい状況だ。  今回発売した固定金利3年物は、満期までの期間が短く、毎月発行して個人が購入しやすくしたのが特長だ。  これまで固定金利5年物と変動金利10年物を年4回発行していたが、販売額は05年4月の2兆3374億円をピークに減少傾向にあり、09年度は過去最低の約1兆3000億円に落ち込んでいた。財務省は国債の安定的な消化のため、満期まで保有してくれる個人投資家を増やすことを目指しており、3年物の投入で新たな投資家層の獲得を期待していた。
大げさかもしれませんが(笑この記事おもしろいですね♪
 だが、6月3〜30日に募集した第1回の販売は「全体的に盛り上がりを欠いた」(財務省理財局)。長期金利の低下を反映して、利回りが年0.19%の超低水準だったことに加え、有力販売窓口である大手銀行や郵便局が販売手数料の低さを敬遠して、積極的に販売しなかったことが響いたとみられる。2日に発表された8月発行分の金利は年0.14%と一段と低下しており、引き続き苦戦は必至だ。  ただし、5年物と10年物を合わせた個人向け国債全体では2721億円で、利回りが低下したにもかかわらず4月の前回発行額(1903億円)を上回った。財務省は「新商品効果で、全体が底上げされれば」と今後の巻き返しに期待をつないでいる。【坂井隆之】 【関連ニュース】 国債:広報は「コクサイ先生」 予算縮小で起用
引用はここまでです。 黒こうじ酢もしもドロップシッピングPC&携帯サイト運用ツール競馬予想ソフト★ハイパーミリオンNavigator効果的な英会話上達の方法できるならフォローしたいですね。これで安心できそうです。 4/5【経済討論第5弾 】どうなる日本経済!?永久国債は必要か?[桜 H21/6/12] 【中古】【古本】日本国債 下 改訂最新版/幸田真音 【中古】【古本】日本国債 下 改訂最新版/幸田真音 作者:幸田真音初版発刊月:2003年11月文庫小説 約15x10cmISBN:4062738872・・・古本市場オンライン 楽天市場店の商品はコチラ ¥99
posted by STATIONERY at 01:24| 経済