2009年04月12日

日本人の中にある「中国に侮られるな」という意識―中国ブログに関する最新ニュース!! (Record China)

中国とは?ここでチェック!!
この記事おもしろいですね♪

以下、(日本人の中にある「中国に侮られるな」という意識―中国ブログ(Record China) より引用)

日本人の中にある「中国に侮られるな」という意識―中国ブログ(Record China)

2009年4月10日、中国ブログサイト「捜狐博客」に、早稲田大学の劉迪(リウ・ディー)准教授の「日本人の『中国に侮られるな』という意識」という文章が載せられた。

劉准教授によると、千年来、日本は中国を儒学のふるさととして敬慕していたが、近代以降、特にアヘン戦争を境にして、福沢諭吉が儒教精神からの脱却と西洋文明受け入れを方向付けたことで、中国が非文明国とみなされ、日本に「中国蔑視」の社会心理が生まれたという。

【その他の写真】

むしろ笑ったほうがいいかも(笑
これはこれでおもしろいです。

そして蔑視は嫌中に変わりつつある。「中国の国防費が増加」「中国の潜水艦が日本海域を侵犯」「日本海の石油問題」「有毒食品の日本輸出」「在日中国人による犯罪」などの報道も、日本人の嫌中感情を形成するのに一役買っていると同准教授は言う。さらに、金融危機にもかかわらず中国が着実に成長をつづけている一方で、日本は製造業の大打撃、失業率の上昇など経済不振に陥っているという不安も、その原因ではないかと分析している。

中国の国家としての目標や外交政策に対する理解不足も、日本の「中国に侮られるな」という意識に結びついていると同准教授は見る。「日本政府にも、国民世論にも、敏捷な中国の行動に対して、遅れをとっているという意識があり、無意識のうちに中国が日本の行動の基準となっている。昨年、中国がソマリアに海軍を派遣した際、日本政府は繰り返しこれに言及し、中国の行動を注視すると表明したのもその表れだと指摘している。(翻訳・編集/津野尾)

【関連記事】
日本人の嫌中、その根本的原因とは?―中国紙
「中国は脅威」米・韓で嫌中傾向高まる―英BBC調査
「最も嫌いな国」と「最も経済協力すべき国」で2位、複雑な対中感情抱く国民―韓国
親日でなくても理解できる、日本の好感度が世界1位の理由―中国ブログ
反日一辺倒より、日本を中国発展の試金石にする方が賢明―中国ブログ

引用はここまでです。

tag:|楽天PR中国国際結婚マニュアル★中国版

大げさかもしれませんが(笑
なかなか面白い内容でした。

1/5 【青木直人】中国情報をだますマスコミのテクニック
1/5 【青木直人】中国情報をだますマスコミのテクニック

2008 - 父の日中国風デザイン*感謝ver. × 当店限定オリジナル1円メッセージカード

2008 - 父の日中国風デザイン*感謝ver. × 当店限定オリジナル1円メッセージカード

【ご注意】1円メッセージカードは他商品と同時購入時のみ、ご購入が可能です。特定の相手やイベント時にオプションのプレゼントとしてご利用頂けます。 サイズ:91mm×55mm(一般的な名刺サイズ)◆メッセージカード一覧はこちら2008 - 父の日中国風デザイン*感謝ver. × 当店限定オリジナル1円メッセージカード1円メッセージカードは他商品と同時購入時のみ、ご購入が可能です。特定の相手やイベント時にオプションのプレゼントとしてご利用頂けます。・・・shellfinaの商品はコチラ

¥1

posted by STATIONERY at 00:06| 海外