2009年10月18日

宮里とのプレーオフを制したN・キャンベルが3年ぶりの優勝

富士通レディースについてのニュース!!この記事おもしろいですね♪ 以下、(宮里とのプレーオフを制したN・キャンベルが3年ぶりの優勝!(ゴルフ情報ALBA.Net) より引用)
宮里とのプレーオフを制したN・キャンベルが3年ぶりの優勝!(ゴルフ情報ALBA.Net) <富士通レディース 最終日>◇18日◇東急セブンハンドレッドクラブ(6,588ヤード・パー72)  千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブで開催された、国内女子ツアー「富士通レディース」の最終日。6アンダー4位タイスタートのニッキー・キャンベル(オーストラリア)が、スコアを3つ伸ばしトータル9アンダーでホールアウト。同スコアでまわった宮里藍との4ホールに及ぶプレーオフを制して優勝。2006年の「We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフ」以来となる3年ぶりのツアー2勝目を挙げた。 【関連リンク】 人気選手の写真満載!女子プロ写真館  前半で1つしかスコアを伸ばせなかったキャンベルは、後半に入り10、11番で連続バーディを奪い、混沌としていた首位グループの仲間入りを果たす。16番でバーディを奪い一歩抜け出すが、17番でボギーを叩いてしまい、最終18番はパーとしてトータル9アンダーでホールアウトした。  キャンベルと一緒にまわった宮里も、前半は苦しみ1つしかバーディを奪えなかったが、粘りのゴルフでパーを拾い、勝負どころではしっかりとバーディを奪った。最終18番でセカンドをオーバーさせピンチを迎えたが貴重なパーを拾い、キャンベルと同スコアでホールアウト。2週連続優勝に望みをつなげプレーオフへ向かった。
むしろ笑ったほうがいいかも(笑興味深い事もあるものです。
 プレーオフに入ってからは両者一歩も引かない状態だったが、決着がついたのは4ホール目。先に打った宮里の約15メートルのバーディパットは届かず、キャンベルは約10メートルのバーディパットを沈めて優勝。2005年の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」では、同じく宮里とのプレーオフで敗れたキャンベルにとってはリベンジとなる勝利になった。 【優勝したN・キャンベルのコメント】 「ハッピーだけど疲れました。プレーオフ最後のパットは10メートルぐらい。フックかスライスかわからなくて真っ直ぐ、ちょっと左ぎみを狙って、距離だけ合わせた。昨年の初めにコーチを変えてここ4か月でパッティングが良くなってきた。毎年賞金ランキングでトップ10に入ったことがないので入れるよう頑張ります」。 【2位に終わった宮里のコメント】 「プレーオフに敗れたのは残念ですけど、ニッキーがすごく良いパットを入れたので。上には上がいるし自分は満足です。この2週間は今までにまったくない経験、今後に生かせる経験ができました。今日も自分を良くコントロールできたし、気持ちはしっかり持てているので、また来週からの4連戦に備えたいです」。  3位タイはトータル8アンダーの馬場ゆかり、飯島茜、佐伯三貴の3選手。古閑美保と諸見里しのぶが8位タイ、横峯さくらは35位タイに終わった。 【最終結果】 優勝:ニッキー・キャンベル(-9)※プレーオフ 2位:宮里藍(-9) 3位T:馬場ゆかり(-8) 3位T:飯島茜(-8) 3位T:佐伯三貴(-8) 6位:タミー・ダーディン(-7) 7位:イム・ウナ(-6) 8位T:諸見里しのぶ(-5) 8位T:古閑美保(-5) 10位T:不動裕理(-4) 10位T:永田あおい(-4) 35位T:横峯さくら(+3)他9名 (撮影:米川昌俊)<ALBA> 【関連リンク】 ・ 藍、3打差4位タイで最終日へ!首位の佐伯、飯島は今季初V目指す! 2日目結果 「いいスタートが切れて良かった」藍、1打差3位タイ発進! 初日結果 藍、2週連続優勝なるか!富士通レディース明日開幕! 事前情報 藍、全美貞の池ポチャに対する拍手に「心が痛かった」 【関連リンク】 ・ 国内女子ツアー今後のスケジュール
引用はここまでです。 これも世のカタチのひとつ。何はともあれ、良かった良かった♪
posted by STATIONERY at 22:31| スポーツ