2010年02月08日

韓国で電子書籍市場に熱視線 政府も支援

電子書籍の情報あります!!こんなこともあるんですね。 以下、(韓国で電子書籍市場に熱視線 政府も支援(産経新聞) より引用)
韓国で電子書籍市場に熱視線 政府も支援(産経新聞)  【ソウル=水沼啓子】電子書籍機能を強化した米アップルのタブレット型コンピューター「iPad(アイパッド)」に熱い視線が注がれる中、韓国で電子書籍市場への関心が高まってきた。2年前から電子書籍端末機を限定生産し始めた韓国の電子関連メーカーだが、電子書籍市場は数年で10倍に拡大するなど、急成長が期待されるからだ。   [グラフで見る]電子書籍端末の世界市場予測  電子書籍を販売している韓国メーカーはサムスン電子(商品名・パピルス)、アイリバー(ストーリー)、ネオラックス(NUUT2)の3社。これに加えて、LGディスプレイが新聞のタブロイド判サイズの「曲がる電子ペーパー」を開発、注目されている。  19インチの画面で曲げることができ、「(データをダウンロードして)電子新聞に使えば実際の紙の新聞のような感触が得られる」という。金属素材の基板を使用し、曲げても元に戻る。今のところ量産化のメドは立っていないものの、通勤電車で新聞を読む風景が大きく変わる可能性もありそうだ。  先行するパピルスは、無線通信「Wi−Fi(ワイファイ)」を搭載した新機種を2月から発売。昨年6月、ネオラックスが1万台限定で売り出したNUUT2はわずか4カ月で完売したという。  いずれも価格は30万ウォン台前半(およそ3万円弱)。顧客はIT(情報技術)や電子機器に関心の高い30代男性が中心で、「本より軽くて薄く携帯に便利」「消費電力が少ない」「目が疲れにくい」「数百冊の本を保存できる」といった特徴が受けているようだ。  サムスン電子とアイリバーは大型書店「教保文庫」と提携し、書籍の6割程度の価格の電子書籍を提供している。教保文庫によると電子書籍に依然として抵抗感を持つ出版社も多く、ベストセラーや新刊の提供が難しいなど、コンテンツ不足は否めないという。  端末機の開発・製造だけでなく、ネオラックスの場合、コンテンツの提供も始めている。書籍のほか、韓国紙「朝鮮日報」や「毎日経済」などと提携し、契約者に新聞購読料の半額程度で朝6時にニュースを配信している。新たに2紙が参入する予定だ。  「低炭素・グリーン成長」政策を掲げる李明博政権は、韓国政府の環境対策のひとつとして、紙の出ない電子書籍や電子ペーパー事業を後押ししている。来年から小・中・高校に「電子教科書」が導入される見通しで、電子書籍の端末機やコンテンツ関連の企業の株価の急騰に弾みをつけている。  コンテンツの少なさや技術面でまだ発展途上にある電子書籍だが、将来的にジワジワと韓国社会で定着しそうだ。
関心を惹かれるレベルでした。この記事は興味深いです。
【関連記事】 ・ 米アマゾンが一部電子書籍を値上げ 出版社の要求受け 中国産iPadクローン(?)、本物より先に登場 雑誌のネット配信実験開始 出版社が連携、記事のばら売り可 「何百万人もの人が持っている」 Amazon、Kindle好調をアピール 「大事なものが欠けている」 Adobe幹部、iPadを批判
引用はここまでです。 コラントッテ禁煙グッズ ランキングマジックソープTHE SUIT COMPANYアンダーアーマーiphone ケースキングリーマスクギャラリービスコンティ石垣島 ラー油マカロニアンcune 通販黄金バウムクーヘンヤコブコーエン大げさかもしれませんが(笑こうなることを望んでいます。 電子書籍は約7割が認知、利用意向は半数以下 英会話練習手帳 チャティパロット 英会話練習手帳 チャティパロット 英語が苦手、でも話せるようになりたい方へオススメ。チャティパロットは、作業をしながら英語を習得できる英会話練習手帳です。また、収録されているフレーズもシチュエーション、使用頻度を考えた600個を厳選。ポケットサイズで場所とらず!普段に旅先にぜひ1つ。 サイズ約89.7×167×21.5mm重量約180g(電池含まず)仕様電源:単4形アルカリ乾電池4本・・・美容とダイエット・生活便利ネットの商品はコチラ ¥29400
posted by STATIONERY at 23:17| 海外