2010年03月18日

フォード Fシリーズスーパーデューティー 新型…タフ&ワイルド

フォードのニュースがあります!!興味深い事もあるものです。 以下、(フォード Fシリーズスーパーデューティー 新型…タフ&ワイルド(レスポンス) より引用)
フォード Fシリーズスーパーデューティー 新型…タフ&ワイルド(レスポンス) フォードモーターが2011年モデルとして、間もなく全米で販売を開始する新型フォード『Fシリーズスーパーデューティー』。動画共有サイトでは、メディア試乗会において、新型が圧倒的な力強さを披露するシーンが公開されている。 [タフ&ワイルドな動画] Fシリーズは、フォードのベストセラー大型ピックアップトラックであると同時に、乗用車部門、ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)部門を問わず、米国で最も売れている車種。2009年は41万3625台を販売し、24年連続で販売ランキング1位を守った。 Fシリーズスーパーデューティーは、Fシリーズの頂点に立つヘビーデューティー仕様。建設現場や農業など、過酷な使用条件を想定して、パワフルなエンジンに強化されたシャシーを組み合わせる。
これぐらいなら私でも・・・!?本当に驚きました。
2011年モデルは、ガソリン、ディーゼルともに、エンジンを一新。とくに注目すべきは、ディーゼルだ。新開発6.7リットルV型8気筒ターボディーゼル「パワーストローク」は、最大出力390ps/2800rpm、最大トルク101.65kgm/1600rpmを発生する。 米国のユーザーが気にする最大牽引力と最大積載量は、それぞれ1万1975kgと2835kg。これだけのパワフルさを備えながら、DEF(ディーゼル・エグゾースト・フルード)やSCR(選択式触媒還元)など、排出ガスのクリーン化を徹底追求し、旧型比で排出ガス中のNOxを80%以上削減することに成功した。 フォードは新型のタフさをPRするため、オフロードコースでメディア向け試乗会を開催。ショベルカーを牽引したり、ライバルのクライスラー車を載せたトレーラーを楽々と引っ張る様子は、動画共有サイトで見ることができる。 《レスポンス 森脇稔》 【関連記事】 フォード Fシリーズ・スーパーデューティー 新型…クラストップのクリーンディーゼル搭載 シボレー シルバラードHD 新型…ディーゼルは105.7kgmのメガトルク プジョーから小型ピックアップ、ホッガー誕生 フォード Fシリーズ 特別編集 フォード (ブランド) 特別編集
引用はここまでです。 共感することができますね♪なかなか面白い内容でした。 ジョー・スタッフォード ジョー・スタッフォード (1)キャンディ(ジョニー・マーサ−&ジョー・スタッフォード) (2)イット・クッド・ハプン・トゥー・ユー (3)デイ・バイ・デイ (4)マンハッタン・セレナーデ (5)アイ・ラヴ・ユー (6)シンフォニー (7)ザ・シングズ・ウィ−・ディド・ラスト・サマー (8)セレナーデ・オブ・ザ・ベルズ (9)アイル・ビー・ウィズ・ユー・イン・アップル・ブラッサム・タイム (10)ロング・アゴ−・アンド・ファー・アウェイ (11)プロミス (12)ユー・キープ・カミング・バック・ライク・ア・ソング (13)ベイビー・ウォント・ユー・プリーズ・カム・ホーム (14)ホワイト・クリスマス 製造元:AMUSE・・・ミュージック倶楽部の商品はコチラ ¥1050 090328 ベンジャミン・フルフォード 特別番組
posted by STATIONERY at 22:35| 経済