2010年04月21日

米マイクロソフト、選挙運動や政治的キャンペーンのためのクラウド・アプリを発表

クラウドについての記事紹介。この記事は興味深いです。 以下、(米マイクロソフト、選挙運動や政治的キャンペーンのためのクラウド・アプリを発表(COMPUTERWORLD.jp) より引用)
米マイクロソフト、選挙運動や政治的キャンペーンのためのクラウド・アプリを発表(COMPUTERWORLD.jp)  米国Microsoftは、4月19日に米国ワシントンD.C.で開催された「Politics Online」主催のコンファレンスにおいて、選挙運動や政治的なキャンペーン、政党活動を支援する新たなクラウド・サービスを発表した。 【関連画像を含む詳細記事】  同社が発表したのは、コミュニケーション・プラットフォーム「TownHall」だ。クラウド基盤「Azure」上に構築されており、システム・データはすべて「SQL Azure」に保存する。   TownHallを使えば、選挙活動やロビー活動を行う組織が、ユーザーからの反応や、連絡先リストを集中管理することができる。「Facebook」や iPhoneアプリとの連係機能も備えるほか、特定の話題や問題について、ユーザーの関心を高めるためのテンプレートも用意されているという。  開発者は、TownHallのコードを無償でダウンロードすることができる。独自の拡張機能を開発したり、カスタマイズしたりすることも可能だ。  Microsoftで公共部門向けクラウド・コンピューティング技術の開発を統括しているスタンリー・フレック(Stanley Freck)氏は、TownHallについて、「ITを駆使して選挙運動を展開したり、その活動を組織する側が有権者の声を聞いたりすることを助ける製品」だと説明する。  フレック氏は、Microsoftのクラウド・ベース・ツールを使ってキャンペーンを成功させた政治家は、そのほかのクラウド・サービスも積極的に支持するようになるとの期待感を示している。「当社のプラットフォームを使って収益を出したいと考えており、こうした考え方がプラットフォーム自体の成長を促す」(フレック氏)。
共感することができますね♪うわ〜・・・なんというか・・・
 政治活動や選挙運動を支援するためのホステッド・ツールは、すでに「Wired for Change」など、幾つかのベンダーから提供されている。Microsoftの新しいサービスは、これらと競合するものだ。Wired for Changeの事業開発担当役員、ジョン・ブロアー(John Brougher)氏によると、政治団体は人々との信頼関係を重視しており、支援者には手厚く対応したいと望んでいると指摘する。 (Patrick Thibodeau/Computerworld米国版) 【関連記事】 [特集]SaaS World [特集]Microsoftウォッチ [特集]CRM セールスフォース、「Chatter」のベータ・プログラムを国内でも開始 セールスフォース、企業向けSNSサービス「Chatter」のベータ版を発表
引用はここまでです。 大げさかもしれませんが(笑こうすることがベターだったんでしょう。 カンフーぐま クラウド クラウド(1) クラウド(1) 商品副データ雲海の逃亡者 ファミ通文庫吉岡平エンターブレイン/角川GPエンターブレこの著者の新着メールを登録する発行年月:2003年10月登録情報サイズ:文庫ページ数:284pISBN:9784757716070【内容情報】(「BOOK」データベースより)銀河の中央から遙か遠く、見捨てられた惑星マグレヴでは、『統制派』と『回帰派』に分かれ人々が闘っていた。生き残りをかけた動乱の中、闘技場で三人の若者と一人の少女が出会う—。元貴族で闘奴のマシウス、捨て子で回帰派の若きリーダー・ガイウス、記憶喪失の少年・ティト、聖母候補のアグリッピナ。数奇な運命の星の元に集いし彼らは、果たしてこの惑星の衰勢を止め・・・楽天ブックスの商品はコチラ ¥672
posted by STATIONERY at 07:59| テクノロジー