2010年11月23日

日産 リーフ、燃費換算で42km/リットル…米EPAが認定

日産 リーフについて。こんなこともあるんですね。 以下、(日産 リーフ、燃費換算で42km/リットル…米EPAが認定 (レスポンス) より引用)
日産 リーフ、燃費換算で42km/リットル…米EPAが認定 (レスポンス) 日産が年内に日米で発売する新型EV、『リーフ』。その米国での燃費が、99マイル/ガロン(約42km/リットル)と認定された。 画像:ロサンゼルスモーターショーに展示されたリーフ これは、米国EPA(環境保護局)からの認定を受けて、日産の現地法人、北米日産が22日に明らかにしたもの。リーフの米国での燃費は、99マイル/ガロン(約42km/リットル)と公式に認定された。 そもそも、電気で走るEVは、ガソリンなどの内燃機関車とは燃費の概念が異なる。そこで米国EPAは、EVが1時間走行して消費する電力に着目。33.7kWhを1ガロン(約3.785リットル)として換算する方式を採用した。 この方式に照らし合わせて弾き出された燃費が、99マイル/ガロン(約42km/リットル)というわけ。もちろん、この数字はEPAが実際にテストを行い算出したもの。EPAはリーフの充電時間が240Vソケットで7時間、最大航続距離が73マイル(約117km)ということもテストで確認しており、これらの数字がリーフの公式性能として、全米の販売店に掲出される。 日産アメリカのスコット・ベッカー副社長は、「新型リーフの燃費はクラストップと認定された。リーフの公式燃費は車選びの際、大きな参考になるだろう」と述べている。 《レスポンス 森脇稔》
どうやったらこうなるんでしょう。えっ、って思わず声が(笑
【関連記事】 GMの新型HV シボレー ボルト、燃費98km/リットルは本物か? GM「ボルトはあくまでEV」…米メディアに反論 【ロサンゼルスモーターショー10】北米版 i-MiEV 、日本仕様とはここが違う 【ロサンゼルスモーターショー10】フィットEV の後席で違和感 トヨタ内山田副社長、「EVは近距離用と割り切る」
引用はここまでです。 無駄を省いていていい感じです。感動する出来事だったようです。 全席分 ニッサン ジューク(JUKE) YF15 ラグジュアリーフロアマット オーダーメイドで真心こめてお作りします 全席分 ニッサン ジューク(JUKE) YF15 ラグジュアリーフロアマット オーダーメイドで真心こめてお作りします メーカー ニッサン 車種 ジューク(JUKE) 型式 YF15 その他備考 特に無し 納期 2週間〜3週間 ご購入後、当社より以下の内容についてのメールを送らせて頂きます。 その際はご記入の上、ご返信下さいます様お願い申し上げます。 ※フロアマット製作の為の必要項目です。必ずご返信下さい。 1.お車の詳細(型式、年式、駆動方式など) 2.フロアマットのカラー 3.縁取りのカラー 4.ヒールパッドの有無・・・通信販売専門店 コクーンの商品はコチラ ¥11200 電気自動車 日産リーフ 車両接近通報装置(後退時)
posted by STATIONERY at 15:24| 経済