2011年06月03日

首相、年明けまで続投?めどは「冷温停止状態」

冷温停止とはなんなのか?本当に驚きました。 以下、(首相、年明けまで続投?めどは「冷温停止状態」 (読売新聞) より引用)
 菅首相は2日夜、首相官邸で記者会見し、早期退陣を強く否定し、退陣時期も明示しなかった。  首相は退陣の具体的な時期について、「(東日本大震災の)復興に向かって第2次補正予算(編成)や体制作りが必要となる。(福島第一)原子力発電所事故の収束も安定的な形にもっていくには、まだ努力が必要だ。新しい社会づくりの方向性に一定のめどがついた段階だ」と述べ、続投に意欲を示した。  原発事故の「一定のめど」がつく具体的な時期としては、事故の収束に向けた、政府と東京電力の工程表で今年10月中旬から来年1月中旬終了をめどとした「ステップ2」が完了し、「放射性物質の放出がほぼなくなり、冷温停止状態になること」だと説明した。  内閣不信任案採決前に鳩山前首相と会談した際に交わした覚書に関しては、「文書に書かれた以外の何らかの約束などは一切ない」と述べ、退陣時期を確約したものではないとの認識を示した。
私ならどうするかなあ・・・?なぜこんなことになったんでしょうか。
 これについて、鳩山前首相は2日、「(首相は)人を裏切っている。両院議員総会を開いて辞めさせるしかない」と周辺に語り、強い不快感を示した。
引用はここまでです。 無駄を省いていていい感じです。でも果たしてこれでいいのかな? 【原発事故】飯舘村の今、対米隷属の菅政権[桜H23/5/5]
posted by STATIONERY at 00:09| 国内