2014年01月23日

3年連続減少のテレビ国内出荷数

テレビ自体の寿命から考えても、消耗品ではないはずだが、 家電メーカーは、テレビを頻繁に買い換えるモノにしたいらしい。 業界を主導する総務省もそんな意向のようだ。 しかし消費者は、テレビを10年程度、使えると思っている。 この思惑の違いが、出荷の伸び悩みの一因ではなかろうか。
posted by STATIONERY at 00:46| 国内